インスリン不足が引き金に

糖尿病という病名はよく耳にしますが、どういった病気かご存知でしょうか?

甘いモノには糖分が含まれていますが、普通であればその糖分は体内でエネルギーとして摂り込まれます。しかし糖分を摂り過ぎるとエネルギーは体内に取り込まれず余ってしまいます。その際に必要になる成分がインスリンです。インスリンは体内に摂り込めなかったエネルギーを体内にたくわえておくために必要なものです。しかし日常的に糖分の多いものを食べ続けているとそのインスリンも出にくくなっていきます。そうなると余った糖分はどうなるのかと言えば尿や血液に出ます。これが糖尿病です。

糖分が血液に流れるともちろん血糖値が上がります。それも原因となり、糖尿病の人は高血圧の人が多いです。血圧を測ったことのある方も多いと思いますが、高血圧と呼ばれる測定値は140以上の数値がある人です。また同じ高血圧の中でも3分類されており、140~160が軽傷高血圧、160~180が中等高血圧、180以上が重傷高血圧となっています。

血圧や血糖値を基準値に戻すためには食事療法が必要です。近年は糖尿病患者専用の食事療法を行っている宅配弁当サービスや、自宅で出来る食事療法レシピを載せている料理雑誌も多く発売されています。好きなモノを好きなだけ食べられないことはつらいですが、1日も早く糖尿病を改善するために食事療法はとても大切です。

イチ押しリンク

栄養療法について調べるなら・はじめての栄養療法ガイド

カレンダー
2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031